ASOVISION

アソビジョンとは

遊びゴコロに生命を。

アソビジョンは、「遊ぶこと(Playing)」と「構想すること(Vision)」を組み合わせた造語です。学ぶこと、働くこと、生きることのあらゆるシーンで人それぞれが構想を抱き、遊びゴコロをいつでもどこでも誰とでも絶やすことなく、社会にあたらしい価値を生み出すことを目的に設立いたしました。

アソビジョンの由来

イノベーターのマインドセットについて論じた「アソビジョン・クエスト」は、アソビジョン代表取締役の國友尚により2016年に日本創造学会論文誌に投稿され、最優秀論文賞を受賞しました。遊びの感動根源を探究することで、イノベーターのブレない軸をリデザインする独自性の高い手法として国内外で注目されています。

【PDF】アソビジョン・クエスト(日本創造学会論文誌掲載)

アソビジョンの社会実験

アソビジョン株式会社は、会社と個人はフェアな関係性であるという考えの下、雇用者は存在しません。また、会社は働く人に対してお金を支払う一方、学校は学ぶ人からお金をもらうという現代当たり前のように感じられる社会システムもその歴史は浅く、人や社会への過度なストレス要因となっていることも数々の研究から明らかになっています。

アソビジョンでは現在、働く(会社)という価値観をリデザインするための社会実験として、同一組織内に少額のお金を支払う自遊人、および少額のお金をいただく遊識者の2種類のゆるやかなパートナー契約を用意し、組織や社会にどちらのグループ群がどのような影響をもたらすのかについて検証をしています。